性格が悪いと自覚のある方!性格の直し方教えます

性格が悪くて何か大問題が起こりましたか?恋人に別れを告げられたとか?新しく好きな人ができて、どうしても上手く行かせたいのかもしれませんね。

「大人になってから性格は直せない」とよく言われますが、性格に難あり…と自分で自覚がある方なら大丈夫です。少し時間はかかりますが直せます。

しかし、自分で性格が悪いと思っていても案外問題ない場合もあります。問題ないのに悩まされるのも馬鹿らしいので、ここで「性格が悪いとはどんな性格のことを言うのか?」を一度確認してみましょう。

性格が悪いって具体的にどんな性格?

一般的に性格が悪いと言われる性質は…

プライドが高い・媚を売る・嫉妬深い・自己中・人を馬鹿にする・人を見下す・態度が急変する・打算的・選り好みが激しい・感謝できない・思いやりがない・陰口を言う・自分の非を認めない

このようなものがあると思いますが、この中のいくつかが決定的にダメなだけで、他は理由があったり、生存戦略で必要だったりするものもあると思うんですよね。

この中で、決定的にダメな性格と、なぜダメなのかの理由を考えてみたいと思います。

人を馬鹿にする

人を馬鹿にするのは明らかに性格が悪いです。自分は人を馬鹿にできるほどの人間なのか?と自分の胸に問いかけてください。馬鹿にした人と大して変わらないか、それ以下だと思いますよ。

悔しいんでしょ?負けてるのが。深層心理でとても羨ましい部分があるから、馬鹿にして落とさないと気が済まないんです。

人を馬鹿にしたくなったら「自分はなぜこの人を馬鹿にしたいんだろう?羨ましい部分が何かあるのかも知れない。それはなんだ?」と考えてみてください。

人の羨ましい部分にあなたのなりたい姿のヒントが隠れています。その姿になりたいのに、思うようになれないから腹が立って馬鹿にしたくなるのです。

人を見下す

「人を見下し始めたら人間終わりだ」と言われています。人を見下す癖がある人は今すぐにやめるべきです。

見下しているその人は、ある一部の面はあなたより劣っているかも知れませんが、心根やその他の才能ではその人のほうがおそらく上ですよ?一面しか持っていない人間などいないのです。それなのにあなたは人の一面だけを見て判断してる。まるで一人芝居ですね。

見下す心理は、人を馬鹿にする心理と似ていて、深層でとても気になる部分があり、気を抜くと負けそうという直感が働くから、見下す部分をわざと見つけて落として安心しているだけです。

誰でも、人より優れている部分があり人より劣っている部分があります。見下す態度は外から冷静に眺めると充分蔑視の対象になります。あなたも別の人から密かに蔑まれていますよ。人を見下すことはブーメランです。今すぐやめましょう。

感謝ができない

自発的に感謝ができない人って「人や物の良いところに気付くセンスのない人」なんです。感謝をするには「自分はとても恵まれている。生かされている」と実感しないと無理なんですが、感謝ができない人はその視点が欠落しているので、人や物の悪い面ばかりが目について「自分はどうしてこんなに不幸で恵まれないんだ!」と根底に怒りを常に持っています。

その怒りが人間関系の端々に出るんですよね。怒りのために認知も少しズレていて、相手の思いの斜め上からの発想で怒ってみたり、陰口を叩いたりしがちな人になりがちなんです。

怒りからの認知の歪みの具体例ですが、ある夫婦の会話で見てみましょう。

お隣の旦那さん、一流企業に就職が決まったらしいわよ

悪かったな!俺の稼ぎが悪いって言いたいんだろ!

そ、そんなこと言ってないわよ…決まったのよと言っただけ!いちいち怒るんじゃ話もできない!

嫌味にしか聞こえない言い方するのが悪いんだろ!

わかりますか?この場合、認知の歪みがあるのは旦那さんのほうです。奥さんは旦那さんに報告しただけなんです。でもそれを「良く見るという視点」が欠落して怒りを溜めている旦那さんが聞くと、自分を非難しているように聞こえる。こうして喧嘩になるわけです。

感謝ができない人がマズい仕組みがわかりますか?どうしても悪いところに目が行き、解釈も悪くなりがちな点が人間関係においでマズい点となります。

陰口を言う

陰口も良くありません。陰で言わないといけないんですから、人を蔑むようなことを言ってるんですよね?人を馬鹿にしたり見下したりする人と同じで、あなたは人を蔑むことができるほど立派な人間ではありません。

誰にも恥じない生き方をしてから人の評価をしてください。まぁそんな生き方ができる頃には人はみんな素晴らしい存在なんだとわかって、陰口なんか言いたくなくなりますが。

陰でも日なたでも、人のことを褒められる人になってください。人間は褒めてくれる人が大好きなんです。人を褒めると自分も気分がいいですし、人望も集めて一石二鳥です。

自分の非を認めない

絶対に自分の非を認めない人は、劣等感が深刻な人が多いんですね。自分のせいにすると劣等感がより増すのがどうしても嫌なんです。とても弱い人と言えますね。自分のせいじゃなければ、当然人のせいになりますよね。それを人に向けると大抵は揉め事になります。責任を押し付けられる行為は一度やられると忘れないくらいの怒りに変わります。

自分のその性質のために、大切な人との関係修復は難しくなります。大切な人というのは自分のためになってくれる人ですよね。多少なりとも自分の成長を助けてくれるから大切な人で意味がある人なんです。謝ってもその人と関係修復ができない性質はよくありません。自分の不利益以外の何ものでもありません。

まずは劣等感を見直しましょう。何かが起こったら、例え人のせいで起こったことでも「自分にもなにか非があったかも知れない」と考えられる人になりましょう。そう考えると何かしら自分の問題点が浮き上がってきます。認識できれば自分の改善につながるのです。こんな有益なことはありません。

非を認めない人はその成長のチャンスを丸々見過ごしているので、いつまでもパッとしない人生なんです。

上記の性格以外は大した問題ではありません

上記の最悪だと思われる性格以外のものは、上記に比べると問題は小さいです。

プライドが高い・媚を売る・嫉妬深い・自己中・態度が急変する・打算的・選り好みが激しい・思いやりがない

これらの性格ですね。

プライドが高いのは別に悪いことではないですよ。誇りを持って生きているってことですから。程度の問題ですね。まったくゼロってのも面白くありません。

媚びを売るのも生存戦略として使っている人もいると思います。そうしていれば波風が立たないんですよ。普段まで媚びを売るつもりはないなら別にどうってことないです。

同じく、打算的や選り好みが激しいのも似たようなものですね。時には冷静に打算的にいかないとグズグズになることもあります。選り好みしないと、特に女性は何でも受け入れていたら大変なことになりますよね。

嫉妬深いのも愛情の裏返しですし、態度が急変するのは自分に正直な面があって程度によっては有りだと思います。相手がなにかマズいことをしてきたらきびすを返して逃げないと危ない場面もあります。

自己中なんて何が悪いのかわかりません。人に迷惑をかけない程度の自己中で生きるのが一番幸せです。このように、考えようによっては問題のない性格もあります。

性格が悪い人の育ちには特徴がある!

上記で説明した「直したほうがいい性格」を持つ人には、育ち方に特徴があります。

親との関係…良好ですか?表向きは育ててもらったことに感謝をしつつも、胸の奥では寂しい思いをしていると言うことはありませんか?

「自分の非を認めない」の項目でも少し触れましたが、悪い性格を持っている人は総じて劣等感が強いのです。自分は本当は全然イケてない人間だと思っていることを刺激してくる「優性に見える人間」が許せないのです。

優性といっても大してすごくない人たちをも蔑んで自分より下に置こうとします。それをしないと立っていられないほどの劣等感を抱えていると言うことです。

劣等感を抱えてしまった原因ですが、ほとんどの場合親の影響です。良いことをしたつもりなのに褒めてくれなかった、褒められると思ったのに怒られたなど、覚えはありませんか?

親から「お前はダメな子だ」と直接的に言われて自己肯定感を失った人も多いです。人から見るとすごいイケメンでも、親から容姿をなじられたことにより自信を持てない人はたくさんいます。

自己嫌悪してるなら性格は直せる!

あなたは何も悪くない。そんな風に親に育てられただけです。でも、すべてがよく理解できる大人になった今なら、自分でいけないことを自覚して直していくことができます。

まず、劣等感を抱えてしまったキッカケを探してみましょう。多くの場合は親の言動です。思い当たることがひとつやふたつはあるはず。

「あ~…あの親の言動が自信を失わせたな…」と自覚できたらOK。原因がわかれば、あなたが劣等感を抱えている意味もありません。親は完璧な人間ではありません。今のあなたと同じような人間だったのです。そんな未完成な親の言動など、信じるに足りないと思いませんか?

「そうだな…親も未熟な人間だったんだ…その人間が言ったことだ、大いに間違ってたかも知れないな」と思い直してください。ただマインドコントロールされてただけだと。これであなたが劣等感を抱え続ける理由はなくなりました。

次に、自分の良いところを探してください。まさか悪い性格しかない人間などいません。必ず必ず良いところがあるはずです。

良いところが見つかれば、それを繰り返し繰り返し復唱してください。「私は仕事ができる、私はリーダーシップがある、私は好きな人にはとても優しい」など、思いついたことは何度でも復唱して、自分で自分をマインドコントロールしていきます。できます。自分でできるんですよ。

しばらく続ければ、良いところが強調されて、何となく自分に自信が持てるようになったのがわかると思います。劣等感は時々現れて苦しめますが、良いところの復唱で跳ね返して、もう染まらないようにしてください。

この頃には感謝ができるようになっています。自分の周りにあって良い時間をくれるものに感謝してください。布団でも食事でも電気でも何にでも感謝します。そうすると「あ~自分って生かされてるんだな」と思えて、今までのトゲトゲした感情は鳴りを潜めます。

その感謝の気持ちは周囲の人にも及びます。「あれ?雰囲気変わったね?」と言われるのもこの頃。表情が柔らかくなり、優しさがにじみ出てきているんです。

ここまで来れば、悪い性格はもう出ないでしょう。今までの癖で出そうになっても、もう気持ち悪くて外には出せなくなります。

ぜひやってみてください。自分をしっかり見つめ直してくださいね。参考になりそうな本を見つけてきました。良かったら読んでみてください。


自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法