魂との対話
心を整理して悟りを目指す方法
今朝のひらめき

【自我とは】わかりやすく解説!何のためにあるの?

自我。言い換えると思考、顕在意識と同じものと私は捉えています。

「お腹すいたしなんか食べよう」と思うのも自我ですし、「私はもっと稼がないといけない!」と思い込むのも自我の作用です。

とにかく、自分で意識できる範囲で考えていることと言えば伝わるでしょうか?

 

自我は意識の5%にも満たない顕在意識が生み出すもので、この表面上の意識を中心に生きると必ず行き詰まりが訪れます。

なんだか窮屈で、自分らしさを生きていないような気がして苦しくなってきます。

 

どうしてそんなことになるかと言うと、残り95%以上を占める潜在意識を意識して生きていないからです。

この95%の中に本当の自分がいるのに、それを見つけることが出来ずに、社会や親から教わった狭い知識で生きているからです。

常識や道徳や人の価値観で自分の道筋を決めてしまうから苦しくなります。

 

もっと潜在意識を探って「自分」を見つけて、本当に自分がしたいことを生きないと、人生の半ばで精神的に詰んで一旦停止になってしまいます。

じゃあなんで、そんな間違いやすい自我があるんでしょうか?

人を迷わす意識が標準でついてるって不思議ですよね。

まぁそもそも、意識が二重構造になっているのが苦しみの元ではあるんですがね。

だって動物には顕在意識なんてありません。

意識は単純な構造で、だから悩むこともなくありのままを生きているわけです。

 

人間のみに与えられた「自我」という意識は何のために存在しているのでしょうか?

それについて今朝ツイートしたのでちょっと解説してみたいと思います。

自我ってなんのためにあるの?

 

今朝はこんなことを思いついてツイートしてみました。

自我は、無意識である潜在意識からあふれる感情を感知する感覚器官のような存在ではないのか?と思ったわけです。

 

精神世界…特に仏教の分野ではこの自我があるから苦しむ、だから自我を滅して苦しみを感じないようにしようという方向へ向かっているように思います。

その教えに習って、自我は悪!一切感じないようにするのが正義!と思い込み、潜在意識の汚れもそのままに、悟りとは程遠い無気力な意識に甘んじている人が多いように思います。

仏教では潜在意識のことはあまり触れないので仕方ない部分もあるかと思います。

しかし潜在意識の中に溜まっている汚れを消去しないことには、悟りはおろか、人格の形成をするのも難しいでしょう。

 

自我って本当に悪なのでしょうか?

なくすために付帯されているものなのでしょうか?

私は違うと思うんですね。

自我にも大きな意味があると思うんです。

 

潜在意識は自分で意識することはできません。

でもその中に、これまで溜め込んだ嫌な記憶や怖い記憶などがたんまり溜まっています。

これをいわゆる「カルマ(業)」と言います。

 

自我は、何かを見聞きした時にふと潜在意識の中の嫌な記憶を蘇らせ、感情として吹き出させる役目をしてるんじゃないかと私は思ってます。

その感情を捉えて、どうしてそう感じるのかをとことん突き詰めれば自分のカルマが顕になります。

カルマを顕在意識まで引っ張り出せばもうこっちのもの。

少し苦しいですが、とにかく直視してカルマを消し去ります。

瞑想もセッションもなしにカルマを解消するには引き寄せの結果のお話はまだです。もう少しお待ち下さい(^^) 本日から「今朝のひらめき」というコーナーを作り書いていくことにしました!...

そうして1つ消すたび潜在意識はクリーンになって、本来のピュアで優しい性格が主流になってきます。

潜在意識の状態が幸福度に影響するので、ピュアで優しい本来の自分が主になれば世間が優しく見えて幸福度が増す、という仕組みだと思っています。

そして潜在意識のクリーン化は覚醒を目指す人にも有利です。

潜在意識が重要な受信機なのですから、ここをきれいにしておかないと高次との繋がりもなにもあったもんじゃないわけです。

 

ということで、今日は「自我とは何なのか?何のためにあるのか?」を考えてみました。

結論は「潜在意識からの感情を誘い出し、カルマにたどり着くように仕向ける役目をするのが自我」ということです。

 

わかりやすく書いたつもりですがちょっと難しかったですかね?

大丈夫です。

精神の追求を続ければ、近いうちに体感でわかることです。

シルバーバーチの霊訓

精神世界を理解するならこの本は外せない!

この本は、精神世界(スピリチュアル)に興味がある人は必ず読んでください。宗教の真理探求者にも強くおすすめします。

いわゆるチャネリング系の本なのですが、ただのチャネリングではなく、超高次元に存在する高級霊が自ら教えを残そうと、霊媒の育成から関わり、霊媒が亡くなるまで約60年間に渡り記録された霊訓です。

60年の記録なので本の発刊数が大変多くなっています。ここでは1巻を紹介しますのでここから始めてください。全12巻ある中で、一番基本的な霊訓が残されています。

真理を探求しているなら、読み始めてすぐに「この本は只者じゃない!」とわかることでしょう。

Amazon  楽天 

精神世界探究家
なおすけ(執筆者、管理人)
なおすけ♀です!幼少の頃から世の中に疑問を感じ、10歳頃から精神世界へ足を踏み入れました。お釈迦様の教えから入り、心理学、潜在意識、集合意識、そして脳科学と読んだ本は数知れず。精神に関わること全般に興味があります。 【メディアは現在Twitterのみです。ご連絡はTwitterかお問い合わせからお願いします】
\ Follow me /

電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結